制作にあたって

フリーランスで働く以上営業しなきゃいけない。
そのためのPRツールとして制作しました。

そもそもは昔通っていた専門学校のテーマフリーのWEBサイト制作発表会で発表する為だったんですね。「フリーでも就職でも『ポートフォリオ』が無いとWEB業界では活動できないのでは」という危機感から制作を始めました。
まずはサイトコンセプトから。サイトコンセプトは

  • 制作過程をPRするためにスケッチや制作メモを掲載。
  • コードはGitで公開する。
  • 制作で新しく取り入れたことと、反省点を書く。
  • スマホやタブレットなどでいつでも営業できるようにレスポンシブデザインを採用。

と、ここまで3日くらいですんなり決定。

しかし問題はデザイン。後で詳しく書きますがどれだけ時間が経っても思いつかなくって、結局デザインコンセプト~トップページのカンプの作成まで2カ月かかってしまいました。(Challenged!!に続きます)

Arrow
Arrow

Challenged!

『自分を客観的に見る』という難しさ

サイトコンセプトはできたんですが、問題はWEBデザイン。1週間経ってもさっぱり思いつかなったんですね。
行き詰まって専門学校の先生に相談したら「ポートフォリオはまず自分らしさを出すことが大切」とアドバイスをいただいたから更に困惑。何せ自分を表現なんかしたことがない。それでも何かヒントが欲しい。そこで一旦デザインから離れて自分史や性格、今後のキャリアを書き込みながら考える本を購入してみっちり自己分析しました。その結果、

  • 何をするにも調査と計画から始める
  • 様々な分野を研究して、一つの物にまとめるのが得意。
  • 仕事で付き合うと冷たい印象だけど、プライベートで付き合うと天真爛漫。
  • サービス精神が旺盛

etc…
これをヒントにデザインコンセプトを次のように設定しました。

  • 色は知的なイメージを与える青緑と「天真爛漫」「サービス精神が旺盛」のイメージを与えるオレンジを使用。
  • WEBエンジニアとWEBデザイナーを兼業することをPRするためにトップページのアイキャッチはWEBエンジニアとWEBデザイナーの自画像を作成。
  • 文章と画像が多くなるので、縦長レイアウトを採用

の3つ。
今思えばコンセプトとデザインの関係が密接につながっていることを学んだプロジェクトでしたね。

参考書籍

キャリアノートで会社を辞めても一生困らない人になる

bennie-a-challenged
pc-logo

Oh, Mistake…

この頃はどういう訳か全部自作で賄おうと思ってました> <

今どき無料素材とか簡単な共有サーバープランとかあるのに全部自作したことですね。(サーバーはVPSサーバーを借りました。)
特にサーバー構築は8年間SEをしていたのに一回もサーバーを構築したことなくて、「よっしゃ。この機会に一からやってみっか」と思ったのがいけなかった。OSとか必要なソフトとかはインストールできたんですが、ネットワーク関連がまるでダメ。そして設定方法もコンソール(例の黒い画面)からコマンドを打つか設定ファイルを編集するという、非常にとっつきにくい。
どうにかこうにか3日間かけてなんとか構築できたんですが、一人で運用するには限度があると思い知らされましたねぇ。

bennie-a-mistaked